スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.06.18 Monday | スポンサードリンク | - | - |
Entry: main  << >>

三幸エステートとニッセイ基礎研が成約ベースのオフィス賃料指数開発、大規模ビルは最低更新( 2011年01月26日 )

 三幸エステートとニッセイ基礎研究所は、東京都心3区で実際に成約した賃料に基づくオフィス賃料指数「オフィスレント・インデックス」を共同開発した。三幸エステートが収集した成約賃料データを個別ビルが特定できないよう加工してニッセイ基礎研に提供。ニッセイ基礎研が統計的手法を使って1994年第1四半期を100とした賃料指数をビルの規模別に算出して四半期ごとに公表する。募集賃料に先行した動きを見せると言われる成約賃料を使ったインデックスの定期公表は国内では珍しい。

 2010年第4四半期のオフィス・インデックスは大規模ビル(基準階貸室面積200坪以上)が77、大型ビル(同100坪以上200坪未満)が75、中型ビル(同100坪未満)が77で、大規模ビルは94年以降で最低値を記録した。

 前年同期からの下落率は大規模ビルが11.3%、大型が9.6%、中型が12.9%。大規模ビルの指数は07年第4四半期に記録したピークの135から58ポイントも低下し、中型ビルのピーク時からの下げ幅28ポイントのほぼ2倍に達した。

 指数から算出した標準的な大規模ビルの坪当たり賃料(共益費除く)は16,952円で、ピーク時から43%下落。大規模ビルの空室率は前期比0.3ポイント減の5.9%だった。
2011.01.27 Thursday 09:14 | shukanjutaku | comments(0) | - |

スポンサーサイト

2012.06.18 Monday 09:14 | スポンサードリンク | - | - |
Comment








週刊住宅オンライン

最新の記事

カテゴリー

携帯対応

携帯電話でもご覧いただけます。

記事の検索

RSS/ATOM

コメント

過去の記事

-->
▲ このページの先頭へ戻る